カンタン手作り!みんな大好き「美味しいラスク」

手作りラスクに挑戦してみませんか?

お子さまから大人まで、幅広く人気のラスク!美味しいですよね。本当は好きなだけたくさん食べたいけれど、人気店のものは案外いいお値段だったりします。なので遠慮しながら召し上がるという方も少なくないのでは?実はこのラスク、家庭でもカンタンに手作りできてしまいます。しかも、お店で売っているものと遜色ない仕上がりです。これは手作りしない手はありませんよね。お友達へのちょっとした手土産にも喜ばれる、美味しいラスクの作り方を紹介します。

残ったバゲットでもOK!

ラスクのベースとなるのはバゲットです。食べきれなくて残ってしまったバゲットのリメイクにもいいですね。バゲットは7ミリから1センチほどの厚さに切ります。表面にバターかマーガリンを塗りましょう。ムラなくたっぷりと塗るのが美味しさのコツです。その上にグラニュー糖をまんべんなく振りかけます。端の方まで丁寧に「少し多めかな?」と感じるくらい乗せたほうが美味しく仕上がります。クッキングシートを敷いた天板の上に並べ、120度から140度に予熱したオーブンの中段に入れ、15分から20分ほど焼けばサクサクのラスクの出来上がりです。

手作りラスク「応用編」

バターとグラニュー糖で作ったスタンダードも美味しいのですが、チョコレートラスクの作り方もご紹介します。まずバゲットを7ミリから1センチの厚さに切り、天板に並べ、120度から140度のオーブンの中段で乾燥焼きします。8分から10分ほど焼いたらオーブンから一度取り出し、ひっくり返します。そして同様に裏側も焼きます。指で表面をトントンと叩いてみて、十分乾燥しているか確かめましょう。まだ柔らかかったら更に2分から3分、様子を見ながら焼いてください。焼きあがったら網の上に乗せて冷まします。好みのチョコレート(ブラック、ミルク、ホワイトでもOKです。)を包丁で細かく刻んでボールに入れ、湯煎にかけて溶かしましょう。冷めたバゲットに塗り、チョコレートが固まるまで冷ませば出来上がりです。バゲットではなく、コッペパンをベースにしてラスクを作っても、サクッとして美味しいですよ。

那須ラスクは厳選した小麦や塩、那須の水で作っているラスクです。お茶ラスクやこげパンだラスク、シュガーラスクが人気となっています。