本当はよく知らない?七五三のお参りの意味

七五三って一体何のために行うの?

秋頃になると、小さな子達が着物で飴袋を提げて歩く姿をよく見かける様になり、「もう七五三の季節か」と感傷に浸るかもしれませんが、本当にその行事の意味をご存知ですか?実は何となくしか知らずに過ごしてきた方も多いのではないかと思いますので、その由来をご紹介します。昔は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3年を過ぎてから初めて生誕を記録する慣習となりました。ですので七五三は、子供の無事な成長に感謝するとともに、少年少女期への節目に将来の発展と長寿を祈念するために行う行事なのです。

どうして男児と女児で違いがあるの?

地方によっても異なりますが、女の子は三歳と七歳で、男の子は五歳と、それぞれ年齢も違うし回数も異なります。男性の中には幼心に、「女子だけお祝いが多いなんてズルい!」などと、嫉妬した経験のある方もいらっしゃるかもしれません。そもそも七五三は一つの行事の様に考えられがちですが、実は3つの異なる儀式が組み合わさって出来ているのです。三歳は髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」、五歳は男の子が男性の衣服である袴を着る「袴着(はかまぎ)」、七歳は女の子がそれまでの紐付きの着物から本仕立ての着物と帯を着る「帯祝(おびいわい)」となります。現代ではその様な儀式で子供に節目を迎える感覚は薄れているかもしれませんが、本質を理解することでお祝いの意義は深まり、また子供達にもきちんとした文化風習を伝えることは大切です。

やっぱり嬉しいお祝い菓子の由来とは?

親は子供の成長に感慨しきりですが、その行事の意味を理解するまでにはまだ年齢も足りない子供にとっては、「疲れるし、退屈だ」と思っていることでしょう。そんな中でも唯一の楽しみはやはり千歳飴。何はともあれ、お菓子を大手を振って食べられるなら儲けもの、と思っているかもしれません。七五三といえば、現在では千歳飴がセットといっても過言ではありません。子供の千歳まで長生き、という願いが込められているとされていますが、この風習は実は江戸時代の一人の飴職人が始めた事と言われています。節分の恵方巻きや、バレンタインデーのチョコレートの様に、神事や儀式と違って商業的な由来があるのです。そうはいっても鰯の頭も信心からと言いますし、数百年間続いたらもう立派な儀式と呼べるのかもしれません。

七五三は11月15日とされていますが、現在は混雑を避けたり、お参りする人たちの都合に合わせて前後1ヶ月の間に行うことが一般的になってきました。