しっかり注意しておこう!機械式時計を手入れする際に気をつけておくこと

機械式時計を綺麗に長く使い続けるためには?

独特の高級感で私たちを魅了する機械式時計。本来は100年後でも変わらない性能を目指して作製されているために長く使い続けることができますが、非常にデリケートな機械であるために日々の手入れを怠ってしまうと、わずか数年で使いものにならなくなってしまう場合もあります。機械式時計を綺麗に長く使い続けるためには、どのような手入れが必要なのかを把握しておく必要がありますが、そうした手入れの際にも十分気をつけておかなければならないことが数多くあります。

汚れを拭き取ることは機械式時計の手入れの基本だが…

機械式時計は日々使用することを前提に作られていますが、やはり日常的に装着していると、ほこりや汗、排気ガスなどといった要因で汚れが着いてしまいます。従って、機械式時計の手入れにおいて最も基本的なことは汚れを拭き取ることと言っても過言ではありません。しかし、無闇やたらと汚れを拭き取ってもいけません。セーム革などの柔らかい布や皮で拭くように心がけなければ、ケースなどに傷を付けてしまいます。また、乾拭きが絶対の基本です。水拭きしてしまうと、それだけで故障に繋がりかねません。

頑固なよごれにはどう対処すれば良いのか?

中には、乾拭きではどうしても落とせない汚れもあります。20気圧防水以上のモデルであれば水に浸けて洗うことも可能ですが、そうでない場合は根気良く汚れを拭き取るしかありません。研磨剤を利用すれば多少細かい傷も消すことができるため、覚悟して強く擦り落とすという方法をとることもできますが、それでもケースに汚れが残る場合は専門店に持ち込んで洗浄してもらうのが最も確実です。汚れの放置が最も機械式時計を傷める原因ですので、日々の状態チェックは欠かさないようにしておきましょう。

ブシュロンは高級ジュエリーブランドです。エレガントで品のある腕時計は、多くの人に愛されている逸品です。